ちばてつやが育った町 旭市飯岡

管理人Sです。 日曜日に旭市の飯岡海水浴場の駐車場前を通りました。

すると・・・、

 

矢吹丈と力石徹に遭遇しました。

実は、「あしたのジョー」の作者ちばてつやさんのお父さんが旭市(当時の飯岡町)出身で
1946年9月 に飯岡小学校2学年に編入したそうで、1年ほど住んでいたそうです。

ということで、旭市は「ちばてつやが育った町」で地域おこしをしています。

飯岡の刑部岬にも同じモニュメントがありますよ。

ちばてつやさんのブログにも、旭市の話題は、度々登場します。

ちばてつやファン必見のポイントですね。

そうそう、旭市では向太陽(石像ではありませんが)にも遭遇できます。


コメント
津波に耐えたんだね。あと、雷鳥、しぐれ揚の山中製菓の工場は、何とか再開できないものだろうか?
  • 幕張サラリーマン
  • 2012/09/13 6:56 AM
そうです。津波に耐えたんです。飯岡は頑張っています!
  • 管理人
  • 2012/09/15 5:04 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2013/07/15 10:20 PM
雷鳥を求めあちらこちら店を巡って震災後3か月位は売って板が、食べられなくなったら、あの飯岡の味が横浜で味わえないなんて本当に残念です。是非復活していただきたいですね。かなり、売れてましたよ!ただのひねりあげでは、やはりくらべものにならない山中さんのガーリックあじ!
  • 横浜加瀬
  • 2013/07/15 10:24 PM
雷鳥の山中食品さん、復活を遂げました。千葉県内では、販売を開始しています!
  • 管理人
  • 2013/07/17 9:33 PM
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

          

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ